HOME > サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは

高齢者に望まれる本格的な住環境

サービス付き高齢者向け住宅とは国交省の高齢者居住安定法と、厚生労働省の介護保険法の両法にまたがる制度として2006年4月に登場したもので、入居者を高齢者に限る高齢者専用賃貸住宅に、介護を組み合わせたケア付き適合高齢者専用賃貸住宅です。

入居者の方が基本的な生活をおくるために必要となる費用のほとんどは、毎月の居住費と介護保険サービス利用額の1割自己負担分に含まれます。費用面からも他の有料施設と比べ、経済的負担が低く設定されています。

ひとり暮らしや老老介護が増え自宅療養が難しくなるなか、有料老人ホームや高齢者施設とも違う新たな住まい方の選択肢、それがサービス付き高齢者向け住宅です。個人のプライバシーは保たれながらも、入居者同士や職員とのふれあいがあります。また医療スタッフや介護スタッフのバックアップは、日常生活においても、もしもの時においても、みなさんの強い味方となります。

共に生き・わかちあい・助け合う

いつの時代でも手助けを必要とする家族や人々が絶えることはありません。私たちskyは、すべての人たちが幸せになっていただくためには「共に生き・わかちあい・助け合う」ことが大切であると考え、心からそうなることを願っております。高齢化が進み、家庭において介護の限界に直面している現実と、やむを得ない諸事情に心を痛めておられるご家族の皆様が、心も体もゆとりのある安心した暮らしが出来ますよう…。

また、高齢者の多くは介護が必要になっても可能な限り自宅に住み続けることを強く望んでおられることと思います。居住空間においては居住者の最低限のプライバシーを確保し、生活面では居住者の自立性が尊重されるべく住まうという、言わば高齢者が集まって、人らしく、住まいらしく生活していくことのできる場を実現したく『みーんな家族』を合い言葉に、あっとほーむな生活をお約束する「家」。それがあっとほーむsky水池・あっとほーむsky明星です。



三重県 長寿社会室へLinkIcon・・・・

HOMELinkIcon・・・・